72歳男性 要介護1(独居生活) / 株式会社オンリーワン

ご利用者様の声:72歳男性 要介護1(独居生活)

ご利用者の声
私が脱水症状・栄養失調等で自宅内で倒れ、数か月間入院していた。体重も38kgまで落ちてしまい、身寄りもないことから周囲からは施設という話が出いていました。その時、病院の話し合いでケアマネさんと「りぼん」さんの責任者の方が来て話をさせて頂きました。
私が「病院から出たい!家に帰りたい!」という思いを伝えると、「りぼん」さんの責任者の方が私を真っ直ぐに見て「私達と一緒に頑張れるのであれば、全力で協力します!」と強い言葉で話してくれました。病院の先生達は無理だと言っていましたが、りぼんさんの責任者の人は「私に三か月の時間を下さい!方向性が見えなければ病院に戻します!」と訴えて自宅に戻ることになりました。
退院時は、オムツを使用し歩くこともできず全部介助してもらっていました。
そんな中でも、沢山のヘルパーさん達が家にやってきては一生懸命やってくれて、自分でもやれることを頑張ってやってきました。
りぼんさんが訪問してくれて三年が過ぎましたが、今は要介護1になりました。
退院当初は寝たきりで歩くこともできませんでしたが、今はヘルパーさんと一緒に歩いて外出もできます。近くなら1人で買い物にも行けるようになりました。オムツをしていましたが、リハビリパンツ→尿取りパットと変わっていきました。
今ではブリーフを着用し、トイレも1人で行けるようになりました。
ご飯は作ってもらっていますが、自分で片づけたり洗ったりもしています。
ヘルパーさんの言われる通り頑張って1人で出来ることが増えました。
本当に元気になれて良かったです。みなさん、これからもよろしくお願いします。
事業所からのメッセージ
この利用者様は、りぼんが開業してすぐに担当させて頂いた支援になりました。
私達も事業所総力を挙げて取り組んだケースです。そして寝たきりの介護5から要介護1になったというなかなか有り得ない成功事例です。ヘルパーも必死に取り組みましたが、ご本人の努力も大きく影響している事案でした。病院や関連機関でも驚いています。
一生懸命やっても、なかなか結果が出ない在宅介護ですが過去にもなかなか見受けられない大成功!と言われるケースです。今でもお世話させて頂いていますが、今後年を重ねていく中で発症する疾病などにも十分注意しながらお互いに楽しく生きていけることを模索していきたいものです。
このページのトップに戻る