新しい総合事業に関するお知らせ / 株式会社オンリーワン

新しい総合事業に関するお知らせお知らせ

いつも当事業所のホームページを閲覧頂き、有難うございます。
介護保険サービスを、ご利用の方は既にご存知かと思いますが、平成27年4月1日から介護保険サービスが改正されることになりました。
高齢者ができる限り住み慣れた地域で尊厳をもって自分らしい生活を送ることができるよう、「地域包括システム」の構築に向けた取り組みを国は進めていくとの内容です。
御利用者様の間でも、以前から騒がれている「要支援は4月からヘルパーさんが来てくれないの?」とか「利用者負担金が2割になるってホント?」など様々なご心配があると思いますが、新しい事業に関してのスタートは各市区町村に任されています。
板橋区に関しましては「平成28年4月~」新しい事業に移ると決定しました。
他区では、来月(平成27年4月)から新しい事業に移る区もあるようです。
板橋区は来年まで、現在の予防訪問介護が引き続きご利用になれます。
しかしながら、来年の4月以降は板橋区でも新しいシステムに移ることになっていますので、今後どのような混乱が起こるかは未知数です。
また、利用者様の負担金ですが、負担金にしましては収入に応じて負担金が2割になる方もおられるようですが、その実施に関しましては8月位であると言われています。
一般的な年金生活をされている方であれば、2割負担に当てはまらないと思います。
曖昧な表現になってしまいますが、具体的な数字に関しましては混乱を招く恐れがありますので、詳しい事をお知りになりたい方は担当ケアマネやお住いの市区町村、東京都国保連にお問い合わせ下さい。

板橋に隣接している区で来月から新しい事業をスタートすると決定しているようです。
来年からは板橋区でも実施されることになるので当事業所でも注意深く同行動向を観察していきたいと思っています。

【居宅介護支援事業所の皆様へ】
今年に入ってから、周囲の居宅介護支援事業所の皆様や包括支援センターの方から「りぼんさんは今後も要支援を受けてくれるの?」との声を多く聞くようになりました。
当事業所は、昨年末に平成27年からも「要支援の方のニーズには対応していく」と社内で決定しました。先のことはわかりませんが、現在、困っている方がいれば、それに対しては純粋に介護が必要だと考え対応させて頂くことにしました。
但し、来年からの移行を考えれば自立支援を徹底した支援になって参ります。
そして、要支援と要介護の狭間で悩まれている方も多いかと思います。
当社は出来る限りバックアップしていきたいと考えています。

今後、介護保険制度はどのような道を歩んでいくかはわかりませんが、当事業所のスタッフは目の前で困っている利用者様を純粋にケアしていきたいと思います。

■改正後のホームページ記載内容について■
改正で数字的なもの、言い回しや表現方法で改正に相応しくない、そして間違っている数字等があります。出来る限り早期に差し替えていきたいと思いますが、システムの切りかえ上、数日間のご猶予をお願い致します。

このページのトップに戻る